日別: 2016年3月14日

日本ロジテックが破産申請へ

No Comments

 民間信用調査機関の帝国データバンクによると、新電力大手の日本ロジテック協同組合(東京)が自己破産申請の準備に入ったそうです。

 日本ロジテックは先月24日、東京電力に対して送電線を使う「託送契約」の3月末での解消を申し入れていました。託送契約をしなければ顧客に電力を供給できず、事実上電力小売り事業から撤退です。

 資金繰りの悪化によって東京電力への託送料金の支払いが滞り、自治体などが発電した電力の買い取り料金約40億円の未払いも発覚。2015年3月末時点の負債額約71億6000万円が、さらに膨らんでいる恐れもあると言うことです。同社はFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)賦課金も未納が続いており、これまでに2回社名を公表されています。

 電力自由化は4月からに迫っていますが、始まる前から撤退どころか破産する業者が出てきました。様々な業者が参入して事業者間の競争は激化しており、今後も破綻や撤退は続くかもしれません。

Categories: その他 Tags: タグ: