日別: 2014年4月25日

機長不足で最大2088便欠航

No Comments

 関西国際空港を拠点とする格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションの24日発表によると、5月から10月に予定していた国際・国内線のうち、当初計画(1万2886便)の約16%にあたる最大2088便の運航を中止するそうです。

 中止するのは、関空―ソウル線など国際線2路線と国内線8路線で、5~6月は448便の中止が確定していると言う事です。

 同社によると、機長の採用が予定通り進まなかったのに加え、病欠が相次ぎ、運航に必要な機長の人数を確保できなかったそうです。約2万6000人に影響が出る見込みで、予約済みの利用者には自社便への無償振り替えや料金の払い戻しをするとしています。

 ”病欠が相次ぎ”って、ピーチ・アビエーションの機長は病弱な人間ばかりなんでしょうか?。それとも、過酷な勤務に耐えられず次々体を壊したとか。あるいは、物凄く無理なシフトを組んでいたのが破綻したとか。
 LCCは欠航しても振り替えがなかったりとか、どうも「安かろう悪かろう」を地で行っているみたいで、あまり乗りたいとは思いません。

Categories: その他 Tags: タグ: